FC2ブログ
つぶやきもつぶ書きもこれ一つ
光るペダル(ビジュアル編)
20091130222752
これが、私の自転車につけている、台湾製光るペダルです。手書きメールで写真を貼り付けてみましたが、どのくらいのサイズで表示されるのでしょうか。ちょっと不安。


東急ハンズで購入可能だし(この前みたら売切れでしたが)、値段もPedaliteに比べると安いので、子どもたちもこれでいいかな。
スポンサーサイト



手書きblogの復活なるか
20091130215901
今まで気づきませんでしたが、Willcom03標準のメールソフトには、「手書きメール」というモードがあります。

それを使って、昔むかしTRGproというPalm機で、「JotMail」というソフトを使ってblogを書いていた頃の真似をしてみようと思います。

手書きで何か書くと、『このメッセージには「手書きメール」が添付されています。』というメッセージが本文に自動的に付加されるようですね。そう書かないと受け取った人が気づかないような形で添付されるのでしょうか。

とりあえずメールを送って、それがblogにどう反映されるか見てみることにします。
二つのOpera
すっかり忘れていましたが、Willcom03にOpera 10 のベータ版を入れてみました。その前に入れた9.7がいまひとつで、とくに文字サイズを小以外にすると、文字が重なって表示される現象に嫌気がさしていたこともあり、何の迷いもなく前版を削除して10のベータを試しました。

まったく印象の違うブラウザになっていて、とても面白いのですが、困ったことが一つ。

「モバイルフロンターレ」にアクセスできないのです。メインメモリにインストールしても、SDカードに入れても同じ。エラーと表示されます。

しょうがないので、元々の9.5をメインメモリにインストールし直して、10ベータはSDカードに入れて遊びに使うことにしました。
東京にオリンピックを(いっそ毎年)
いまさらながら東京オリンピックの誘致について。

石原慎太郎東京都知事はまた開催地に立候補するのだそうで。たいへん結構な話ですね。まぁぼちぼちがんばってください。

でも、ヨーロッパの小国よりも大きな予算規模を誇る東京都の「国王」たる石原慎太郎知事が、オリンピックの誘致で営業マンを務めるのはもう限界ではないかとお察しします。どこの馬の骨ともわからぬ招致委員にこびへつらうのは、石原慎太郎国王いや都知事のとるべき態度かどうか。石原慎太郎国王いや都知事の取り巻きが、IOCには顔が効かないことが露呈したという問題もありますしね。

こうなったら、有無をいわさず東京で開くのがよいのではないかと、ご提案申し上げたいところです。しかも、東京都の財力を存分に見せつけて毎年開催してしまうくらいの勢いが、国王の威信を取り戻すには欠かせないでしょう。

IOCの了解などとる必要を認めません。東京が単独で開くと宣言すればOK。名前は「東京だけオリンピック」とでもすれば、それ以外のオリンピックと区別できてよいのではないでしょうか。

もちろん運営組織は国王の意のままにならないIOCなどでなく、オリジナルでいくべきです。「余人をもって代えがたい」取り巻きを重鎮においた「東京オリンピック委員会」を組織しましょう。本部はもちろん西五反田のTOCに置いて。
小遣い帳
給料が大幅に下がって、やりくりが厳しいので、LifeDrive時代にもつけていた小遣い帳をWillcom03でも始めることにしました。実はWillcom03を買った直後にもつけていたのですが、その後の引っ越しに伴う多額の出費を直視するのが嫌でやめてしまったという経緯がありました。そんな暗い過去を振り切って再開です。

いちばん最初に使ったのは「POMO」。その後「3S Pocket Money」も試してみましたが、ふところが苦しくて始めた小遣い帳なんで、やはりフリーウェアがありがたいと、POMOに戻って再開することにしました。

今度はいつまで続くことやら。
Hybridするなら
久しぶりにエントリーしたと思ったら今度は同じのをいくつものっけたりと、奇行の目立つ本blogですが、単なる投稿ミスなんで、すみません。

で、前回の続きを。

PHSの標準的かつドメスティックなユーザーである私としては、同じHybridにしても、くっつく相手が違うほうがありがたい。3Gとか3.5Gとかいわれても、あんまし関係ないな、と。

例えば固定電話とのHybrid。通話定額のプランにしてから、家の電話もPHSだといいな、と思うことがよくあります。そこで、固定電話とPHSがいっしょになった電話があれば、と考えるわけです。PHS内蔵デジタルコードレス留守電なんてのがあれば、冬のボーナスで買っちゃいます(出れば、ですが)。

同じ番号にするという意味ではなく、固定電話の番号にかけても、PHSの番号にかけても、同じ電話で受けることができるというのがあれば便利だなと思うのです。

そのHybrid固定電話からかけるときも、相手がPHSなら自動的にPHSから発信するようになったりしてくれるといいですね。相手が携帯電話だと、どっちが得なんでしょう?

なんか難しい壁がありそうな気もしますが、そこは一つ、Willcomの窮地を救う観点から善処をお願いしたいものだな、と(誰にいってる?)。
Hybridって合併という意味でしたっけPhone
新しい「W-ZERO3」の名前がついた電話が出るそうです。W-CDMAでの通信機能も備えているということで、会社より一足先に電話機が合併しちゃった感もありますね。

ところで、このW-CDMAはどこの携帯電話会社でもOKなのでしょうか。通信プランとか、どこのキャリアとか、どこにも書いてないようですが。ドコモだという暗黙の了解がどっかにあるのですかね(いや合併の話じゃなく)。

それともSIMフリー? フリーだとどこでも使えてうれしいですが、逆に通信定額プランとかの対象外になる心配も。まぁ、私がこの電話を使うことはないでしょうから、どうでもいいことです。

これでQWERTYキーボードが、Palm Pre や Pixiのようについていたら、かなりぐらついたかもしれませんが。

このエントリーの情報源はこちら。

http://pocketgames.jp/blog/?p=5094
http://d.hatena.ne.jp/itokoichi/20091111/p5
まとめてドン
気がつけば、ずいぶんごぶさたになっております。めまぐるしくて何があったか思い出せないくらいですが、これまでの間のことを思い出してみましょう。

古代ローマ帝国展

上野の国立西洋美術館で開かれている同展に行ってきました。2000年以上昔のものとは思えない、美しい出土品の数々に感動。なかでもおすすめはブロンズのミネルバ像ですね。この像の絵葉書がなかったのは残念。

10月の川崎vs広島

7-0という点差のわりに、かなりきわどい試合でした。先に点を取られていたら、3-4とかで負けてもおかしくないくらい。一人退場しても、アグレッシブに攻め続けた広島が賞賛されるのもうなづける、面白い試合でした。やっぱり広島とかガンバとか、本来の姿のガス東京とか、攻撃に魅力のあるサッカーは敵ながら見ていてワクワクしますね。それに負けない魅力的なサッカーを見せてくれるのが、われらがフロンターレなわけで。久しぶりに等々力に行ってよかった。

11/3のナビスコ杯 ガスvs川崎

今年みたフロンターレのなかで、最悪の試合でしたね。空回りしはじめると、誰もコントロールできなくなる。これまでどおりの負けパターンを全国中継してくれました。ビデオを録画したのですが、なかなか見る気になりませんね。
とはいえ、そんな川崎を思い通りにやっつけたガスが強かったのも事実。川崎は「勝てなかった」のではなく「負けた」のだと思います。へなちょこ平山に点をとられたのは屈辱だが……

授賞式の場面は、試合後すぐに国立を後にして見ていなかったので報道しかしらないわけですが、川崎のなにが悪いって「カッコ悪い」。反省すべきというのは私も同感です。でも、セルジオ越後のじいさんが指摘していた、「スポンサーの怒りをおそれるあまり、過剰反応したJリーグやサッカー協会のボス」のほうもかなり「カッコ悪い」印象があります。こっちばかり大騒ぎしすぎて、ウィナーとなったガス東京がかわいそう。すまなかった、サハラ。
あまり大騒ぎすると、かえってスポンサーに迷惑がかかることに気づいた(ナビスコが怒っていると勘違いした人も多いでしょう)のか、結局尻すぼみのJリーグ側も、なんだかなぁ。

こないだの日曜日

ちっさい自転車好きの皆さんにおなじみの、杉並の「和田サイクル」に行きました。自転車にPNDの「Nuvi360」をつけて、杉並区桃井という町を目指します。
Nuvi360の「自転車モード」はかなりユニークというかなんというか、家を出て多摩川を渡って調布に出るところまではとくに何もないのですが、やたら狭い道を行きたがる。あげくの果てには深大寺の境内を行けといわれる。まぁ、その通り行かないと道がわからないので、そば屋の前やおみやげ屋の前を通ってお寺の裏手に出ました。
その後、杏林大学病院や立教女学院のそばを通って、中央線の下をくぐってしばらく行くと、西友だったかダイエーだったかの近所にありました、和田サイクル。でも、開店が午後1時からなんだそうで、11時過ぎについてしまった私は、時間つぶしをするにも長すぎるので、帰ってきてしまいましたとさ。
ナビの指示どおり、ほとんど路地のようなところばかり通ったのですが、1時間ちょっとで着いたのはびっくり。でも、Nuviがないと、もう一回行けといわれても無理そう。

そんな感じで、ぼちぼちやっているわけですが、次のエントリーはいつになることやら。