FC2ブログ
つぶやきもつぶ書きもこれ一つ
Willcom03で感じるそば屋の親父の気持ち
「Willcom 03のロック状態からの復帰にかかる時間がもたらす社会経済的損失」をテーマに論文でも書きたい気分です。気づいたらここも放置状態。モチベーション下げるOSですねWMは。

結局PhatPadの購入は取りやめ、フリーソフト中心にがんばってみたいと思っております。

で、あらためてHandy Memoをインストールし、メモ内容を画像ファイル化し、Wordに貼り付ける方法を試してみました。そのまま貼り付けたのでは、大きすぎるので、Word野文書を2段組みにしてみましたが、それでもまだ大きすぎるようです。

Willcom 03 の画面は、手書きメモをとるには細かすぎるようです(相対的に文字が大きくなってしまう)。

なんでこんなに細かい画面にしたんでしょうね。私が思うに、シャープの社内プレゼンでスマートフォンとは何ぞやを説明するときに、「エクセルなんかも表示・編集できます」とかいっちゃったのではないかと。それがなぜかエクセルを見やすく表示できる画面サイズが必要、という話に変質してしまってこんなことになったのかな、と。

日常の情報管理には、こんな細かい画面は不要ですね。LifeDriveの480×320で十分ですよ。それなのにハリソン・フォード演じるデッカードが「No, two two four.」とかいうもんでそば屋の親父がもう「わかってくださいよ」なわけで。って何の話だ?

今度は画像化するときにサイズを小さくして、3段組みや4段組みに挑戦しようかとも思いますが、4段組みなんて、それ自体が読みづらそうだな。


-------
sent from WILLCOM 03
スポンサーサイト



Pennovate Notes から PhatPadへ
Palmユーザーのときは、手書きメモにPennovate Notes を使っていました。書いたメモをPCにシンクロさせて、ワードに貼り付けて保存していました。もっと詳しくいうと、ワードに貼り付けた後、RepliGoで印刷してPalmに保存し、PCにはPDFに変換して保存していました。RepliGoのデータでも、PCで見ることはできますが、人には渡せないので、一手間かけていたわけです。

Willcom 03 になって、それができなくなりとても不便を感じていました。WM標準のメモは手書きデータをPCで使うことができませんでした(Outlookが必要らしいが、Outlookを使っていた頃に試しても、どうやって手書きデータをPCに取り込めるかわからなかった)。

で、探したらPhatPadというソフトがPalm時代の Pennovate Notes に近いものだと知り、早速お試し版をインストールしてみました。

このソフトのいいところは、Pennovate Notes と同様にメモの大きさを指定できるところ。私の使い方を先読みしたような、A4判というサイズも指定できます。

そうすると、画面を縦にも横にもスクロールさせる必要があるのですが、スクロールキーで操作でき……ないですね。左右キ-を押すと、新しいメモができたりします。

メニューをいろいろ見ていたら、オートスクロールの設定がありました。Palm の Pennovate Notes にもInteliscrollとかいう機能がありmしたから、それと同じようなものでしょう。

で、これをオンにして試し書きしてみました。ん、端まで書いてもスクロールしてくれませんね。またメニューをいろいろ見たら、オートスクロールのオン・オフを選ぶメニューがありました。そんなもん、オートスクロールの設定画面に用意しておけばいいのに。

で、オンにしてまた試し書き。今度はちゃんとスクロールしてくれます.途中で改行したいときの改行ボタンがないのが不便ですが、かなりPalm時代を再現できそうです。

これはWillcom 03だからなのでしょうが、標準の罫線ではやや天地が狭いですね。そこでズームさせて書いてみました。すると、またオートスクロールしなくなりました。どうもズームさせたのがいけないようです。罫線の間隔の問題は、行間の設定画面で解決したほうがいいです。

オートスクロールするまでの時間も標準のままでは遅いので、設定で0.25秒にしたところ、まずまずの感じになりました。オートスクロールよりも、ボタン操作のほうが早いし確実なんですけどね。ボタンでスクロールができないからしかたがない。

しかし、このソフトは内容のぶんだけ値段が高い。Palm Pre が日本で電話として使えるようになるまでの「腰掛け」機にそこまで投資していいものやら。



-------
sent from WILLCOM 03
触媒
キリンカップを見ての感想。久々の日本代表の快勝に、「相手はベストメンバーじゃないから」という人もいるでしょう。それはそのとおりだと思いますが、ベストメンバーじゃない相手に四苦八苦していたこれまでの日本代表とは、明らかに違ってましたね。

これまでと違う一番の要素はケンゴだということに、誰も異論はないと思います。ケンゴがいることで、相手ペナルティエリア前の横のボール回しがとても良くなったように見えました。あのあたりでボールをつながれるのは、相手DFが一番嫌な動きですよね。少なくともフロンターレのDFは一番苦手にしてると思う。

やはりケンゴは代表を活性化させる触媒だと思います。




-------
sent from WILLCOM 03
Kinoma後日談
Kinoma Free Play をアップデートしたら起動しなくなった件の後日談。

試しにインストール先を外部メモリから本体RAMに変更したら、何事もなかったかのように起動しました。メモリを食うのがもったいないですが、とりあえず良かった。

で、良かったついでにKinoma Play (有料版)を購入しました。やはりMP4ファイルが再生できないとつまらない。

この有料版も、本体にインストールしないと起動しませんでしたね。アップデート前のKinomaが起動したのはまぐれか?

これでKinoma Producerで変換してあった「ファイフロ」も見られるようになりました。


-------
sent from WILLCOM 03