FC2ブログ
つぶやきもつぶ書きもこれ一つ
iPhoneはどこで踊るのがぴったり?
また廣瀬さんの PalmFan でみた話。iPhone が値下げですか。通信・通話料がということですか。よくわかりませんが安いのはいいことです。どんどん適正なレベルまで下がってほしいですね。

通信・通話料も加味して考えると,今の値段はとても高い。まるで iPhone は金持ちのオモチャのごとき位置づけですね。できることは楽しいオモチャで,それに払う対価はちょっと高すぎ。

これじゃスマートフォンユーザーの主流である働くおじさん層には手が出ないし,やりたいことともちょっと違う。

それ以外の層にとってはランニングコストの高い(そして音質の低い)iPod という認識でしょう。今までのケータイに慣れた層には,メールポチポチもやりづらい iPhone には食指が動かないだろうと想像します。

私が思うに,iPhone はスマートフォン市場を開拓する先駆者にはなり得ないのではないでしょうか。でき上がったスマートフォン市場のなかで,異色の存在としてプレゼンスを示す,そういう役回りですよね。

市場がまだできあがっていない日本では,Treoのようなオーソドックスなスマートフォンからのほうがよかったんじゃないですかね。

ノキアがああなってしまい,今のところBlack Berryがそういう役回りになりそうですが,会社にサーバー置いて云々というところが便利と面倒の微妙なところですね。

とかなんとかいろいろ考えていると,iPhoneの適正な価格っていくらかわからないですね。立ち位置がわからないから。
スポンサーサイト



毎度おなじみ流浪の OS
今日読んでいた Palm 社からのメールで気になったこと。Garnet OS の名前がない。

Palm 社が出している Palm 機(ウィンドウz モバイルじゃないもの)には,Garnet OS が載ってるのだと思ってました。といってももう Centro しかないですけど,それに載ってるのは GarnetOS じゃなくて,Access の Palm OS なんですか?

メールには次のように書いてあります。 『Palm, Pre, webOS, Treo, and Palm OS by ACCESS are among the trademarks or registered trademarks owned by or licensed to Palm, Inc. 』

GarnetOS という呼び方は,新しい OS が発表されるまでしか使わないという約束を Access と Palm で交わしていたのかな。

ちなみに,私の使っている LifeDrive は, Palm source 社の Palm OS が載っている Palmone 社製です。すべての名詞がすでに懐かしい。
ただの深読みしすぎですがなにか
うーん,なネタ from PalmFan。

『■Palm OS 5デバイスでwebOS気分を味わう「TealOS」
TealPoint Softwareが,Palm, Incの新OS「webOS」ライクなインターフェイスをPalm OS 5デバイスで実現した「[link : http://www.tealpoint.com/softos.htm ]TealOS」をリリースしました。価格は14.95ドルです。』

Teal なんちゃらシリーズは,Palm ユーザーなら一つはインストールしている,あるいは試したことがあるであろう有名な会社ですが,お茶目というかおバカというか,なんだかなぁ,なものを出しましたね。真面目なジョークソフト(しかも有料)。

たぶん iPhone ごっこソフトが出たときの Apple のように,つまらないいちゃもんをつけてこないだろうという読みなんでしょうね。

もしかしたら Palm とは話がついていて,Apple へのあてつけで出しているのかな? 「つまらないことで特許振りかざしてんじゃないよ」と。

あ,操作が web OSってことじゃないのかな?
好きな言葉(と嫌いな言葉)
私の好きな言葉

なぜ

人間らしい言葉だと思いませんか。人間がものの考え方や科学を進歩させたのは,この「なぜ」に対する欲求のなせる技だと思います。一方で,周囲を(自らをも)破壊してしまいそうな暴走ぶりも「なぜ」のせいだと思います。これから「なぜ」をうまくコントロールできないと,本当に全てをダメにしてしまうかもしれませんが,自らの暴走をコントロールするためにも「なぜ」を突き詰める知恵が必要でしょう。その痛し痒しのところがまた人間らしい。

私の嫌いな言葉

あたりまえ と しょうがない

どちらもなんとも脳味噌いらずの言葉だと思いませんか。考えることを否定する言葉と放棄する言葉。人間にはもっと考える力があるのにもったいないと,この言葉を聞くたびに思います。とかいいながら,自分でも使って反省することがたびたびですけどね。こんな言葉を使う気持ちになっている自分が,それだけ時間を無駄にしているわけで,それももったいないですね。
醜態の競演
ルー・カノーバにはダニー・ローズがいたけど,中川昭一には誰もいなかった。誰もダニーになる気がなかったし,ダニーがいないことを気にもとめなかった。

中川前大臣の会見を見て,ウディ・アレンの映画『ブロードウェイのダニー・ローズ』を思い出しました。

ウディ演じるダニー・ローズはルー・カノーバをはじめとする売れないエンタティナーのマネージャー。小心者のルーはやっと得た大舞台を前に,不安からベロベロに酔っ払ってしまいます。そのときダニーはトマトジュースにタバスコやら鷄のレバーやら入れたスペシャルドリンクを作って飲ませ,なんとか舞台に上がれる状態にしてやる,というシーンがありました。

中川前大臣の回りには,たくさんの随行員やら現地の大使館員がいたのに,誰もなにもしなかった。

元外務官僚の佐藤優さんはTBSラジオの番組(聞いたのはポッドキャストでしたが)で,周囲にいた大使館員などの外務官僚が,「(中川前大臣に)どやされるのを恐れてなにも言わなかった」不作為だと指摘していました。後々人事で報復されるのを恐れたとも。

なんとも寒々しい光景です。この辞任に至るまでの茶番劇で,中川前大臣だけでなく,官僚やら記者やらどのキャストにも自覚や目的意識が感じられませんでした。会見で大臣の容態を尋ねなかった同行記者団も同じキャストのメンバーといえるでしょう。会見前に一緒に飲食していた記者のことをなにもいえないはずです。同じ穴のムジナですから。

どいつもこいつもローマで揃って醜態さらしてみっともない限りです。
なぜわざわざ両手?
タッチパネル式のケータイ電話が増えてきましたね。ニセiPhoneという揶揄など聞こえないかのごとき勢い。

文字の入力には不十分ながらテンキーを備え,十字キーと真ん中のボタンがあるのに,さらにタッチパネルというのが多いですね。これって,もったいない気がするのは私だけでしょうか。

なんで片手で操作を完結させる方向に努力を傾けないのでしょうか。iPhoneはボタンがないから,ああいった操作が必要なんであって,両手が必要になるわけです。タッチパネルのほうが便利なのは,画面上のアイコンをつつくときと,文章のコピー&ペーストのときくらいじゃないですか?

せっかくキーやボタンがあるのだから,その使い勝手を良くする努力をしたらいいと思いますけどね。

今のケータイの操作性が良くないのは,操作と動作に一貫性がないからだと思うので,そこに力を注げばiPhoneより使いやすいものができるだろうと考えますが,どうでしょう?

Palm Preも画面をいろいろいじる操作にこだわらなくてもいいんじゃないですかね。web OSの一番のキモは,シンクロ相手が変わることなわけで,指ではじいてアプリケーション切り替えるなんて,5分で飽きるようなギミックはなくてもいい。
半分になるという進歩
Treoが他のPalm機より進化していると思う理由。

片手でメモがとれる。

それ以前は,標準の仕様では両手が必要でしたからね。片手メモにこだわる人は,別に指で入力できるキーボードのソフトを導入しなければいけませんでした。で,英語版を日本語化していると,日本語化ソフトとの相性でうまく使えないことがほとんど。なかなか片手でメモをとるという夢がかないません。

両手が必要という意味で,Treo600 以前(Palm社製でいえばTungsten C以外)のPalm機は,紙の手帳と同等の使い勝手だったといえると思います。

キーボード付きのTreo600 になって,使う手を半減させることができたわけですから,これはかなりの進歩ですよね。電話がかけられるよりも進歩かもしれません。

その進歩を体感しないまま,この先Palmユーザーを終えるようなことがあっていいのだろうか。

とかいろいろ書いて,最近Expansysで2万円台になっているCentroを買いたい気持ちを正当化しようと思いましたが,やっぱりweb OS機も気になるですね。2台も買えないしなぁ。

進歩といえば,キーボード付きの元祖,BlackBerryも電話ができるようになって,Treoと同様のハードウェアに進歩したわけですが,「文字が送れるポケベル」で電話がかけられるようになっても,あまり進歩感がなかったのはなぜでしょう。Palm機に比べてよく知らなかったから,だけですかね?
Palm OS 終了
Palm OS デバイスの開発は今後行わないことが公表されたそうですね(まだちゃんと見ていない)。

web OS が発表になったので当然のこととはいえ,10年以上 Palm OS と苦楽を共にしてきた身としては,少し寂しい話ですね。

Windows Mobile デバイスの開発は継続するというのが,ちょっと弱気感があって残念な気も(先日の日本対オーストラリア戦の岡田監督みたい)。

ともあれ,web OS で日本語が使えて電話ができないと,私が LifeDrive から乗り換えることはないので,Palm OS ユーザーがいなくなるわけじゃないですから,ソフトウェア開発の皆さんもよろしくお願いいたします(何を?)。
見るだけのカレンダー
Googleカレンダーのオフライン利用について,発表になりました。Google Apps 限定のようですが,私が使うとしたら家族で使っているそっちのほうなので問題ないですね。

ただ,発表の概要を伝え聞くと,端末とサーバーのデータをシンクロするのでなく,ブラウズできるだけとのこと。魅力半減というか魅力ゼロですな。昔,ソニーがClieを出す前に発売したデータビューアを思い出しました。あれも使いにくそうでした。
McNabbのOmnibus
先日,Amazonを使ってIan McNabbの「Before all of This」というアルバムを購入しました。ファンといいながら,買うのにずいぶん時間がかかりましたが(3年前のアルバムかな),Amazonで売っているとは知らなかった。去年発売のアルバムは売り切れていましたから,また3年後にでも探してみることにしましょう。

内容は,いろんなアレンジをしたマクナブ節が詰まった「ひとりオムニバス」という感じ。とても面白いですね。とくに2曲ある女声とのデュエットは,どちらも力の抜けたいい感じの曲でした。

マクナブファンでなくても,どれか1曲は気に入るのではないかと思います。
キャンプも大事だけどヴァンプも大事
いよいよ2月,フロンターレサポーターが首を長くして待っていたシーズンの到来です。

いや,キャンプじゃなくて,「天体戦士サンレッド」のファイフロ内企画のこと。2月だけの4回放送のみというのが残念ですが,とりあえずそんな企画があるということだけでもうれしい。

溝の口だけじゃなくて,新百合丘も出てこないですかね。栗平のグラウンドとか,櫻屋とか出てきたら最高だな。
川崎の新スローガン
One Step いい響きですね。私の好きなMadnessの「One Step Beyond」や,Icicle Works の「Seven Horses」にある“ one step forward two steps back”というフレーズを思い出しました。フロンターレが後者のようでは困りますけどね。

本当にあともう一つなんですよね。でも,本当によくやってますよね,選手たちもスタッフも。優勝させてあげたいなぁ。