FC2ブログ
つぶやきもつぶ書きもこれ一つ
ほしいもの2題

仕事の担当替えで,また出張が増える見通し。最近はLAN敷設のホテルが増えたのですが,残念ながら無線LANを無料で利用できるホテルは少ないようです。ロビーで使えるホテルは利用したことがありますが,客室で使えるところには泊ったことがありません。

LifeDriveは無線LAN内蔵なので,わざわざ有線のLANのアダプタを買うのももったいないし,そもそもSDカード型のアダプタが売られているのかどうか。

で,最近話題のいわゆる「トラベルルータ」はどうかと,ちょっと調べてみました。

『日経トレンディ』(雑誌の命名は慎重にしないと,後が大変だ)のウェブ版に,次のような記事がありました。以下,ちょっと引用。

『数年前までは「トラベルルーター」などと称する高価なものが多かったが、 最近は 価格がかなり安くなり、 ユーザーの選択肢も増えている。 各モデルの機能にはそれ ほど大きな差はない。 そのため、 本体の形状などが選ぶ際のポイントになる。
代表的なのは5000~6000円台で購入できる「LAN-PWG/GAP」(ロジテック)や「GWMF54G2」(プラネックスコミュニケーションズ)。 またやや値は張るが、 アップルからは IEEE802.11nのドラフト2.0に対応した「AirMac Express」の新モデル(直販価格1万1800円)も発 売されている。』

なるほど,5000円台からあるのですか。で「トラベルルータ」と称するのじゃなくて「小型無線LANアクセスポイント」とよぶのがトレンディなのかな。ルータとアクセスポイントは違うものだと思いますが,使い道としてはアクセスポイントですね,私の場合。

安ければ入手したいと思うのですが,私の場合,出張先でキーボードも使いたいので,それも買いたいものリストに入っています。優先順位がつけにくいところです。

キーボードで気になっているのがアイオーデータの携帯電話用Bluetoothワイヤレスキーボード 『CPKB/BT』。

どっかの携帯電話と同時に発表されたようですね。折り畳みよりも薄いのがいいところ。鞄に入れるときは小ささよりも薄さが大事になることも多いので。

しかし希望価格が15,700円というのは,かないまへんなぁ。

スポンサーサイト



ライフ八苦

とくに深い意味はありません。語呂がいいのでタイトルにしてみました。

とにかく今の私に必要なのは,今思ったことを忘れずにいること,それから今やったことを記録にとどめておき,後で見かえせるようにしておくこと。

どちらにも,LifeDriveは欠かせない存在です。それから,便利な多くのPalmwareも。私がPalm OSから離れられないのは,これらPalmwareに依存している割合が高いためでしょう。仮にWindows MobileがPalm OSなみの使い勝手を実現したとしても,かゆいところに手が届くようなソフトウェアも同じくらい揃うか疑問ですからね。
最低を担保した裁定

我那覇選手の点滴は「正当な医療行為である」かつ「選手が処罰される事項ではない」という裁定が下ったようですね。

とりあえずホッとしました。

Jリーグをまともな組織にするための,大きな犠牲とほんのわずかな成果ですが,我那覇の(自らの退路を断ったような)決断がなければ,そのわずかな成果すら得られなかったという現実に,リーグ関係者は正面から向き合ってほしいと思います。

審判と選手の関係についても,もう少し真剣に考えないと,選手が自分の選手生命を賭して審判のあり方を世に訴えるようなことが起きかねないと危惧しています。

そこまで相手を追い詰めないと,自らのあり方を正すことができないのだとしたら,その組織のあり方はとても間違っているのだろうと思います。死者が出てはじめて,部屋制度の歪みに直面させられることになった大相撲のようにはなってほしくないですね。
圏外 今度も

ウィルコム 03 ですか。名前がむやみに長かったのが是正されたことが,一番のトピックでしょうか。

次は WX310K以来のBluetooth搭載と,それくらいですかね,インプレッションとしては。

相変わらず,好奇圏外の存在です。ウィルコムのスマートフォンは。ウィルコムユーザーなんですけどね。

SyncToyを試す

先日,Palmwareの探しものをしているときに全然違うものを見つけました。

MicrosoftのWindowsXP用ソフト「SyncToy」です。英語版しかないようなので,詳細は不明なのですが,どうもPCの特定のフォルダの中身と,外付けのメモリーカード等の特定のフォルダの中身をシンクロさせることができるというもののようです。

ブリーフケースと機能は大差ありませんが,最初にシンクロさせたいものをブリーフケースに入れる手順を踏む必要がないぶん,進化しているようです。

早速,会社のPCにインストールして,ドライブモードのLifeDriveと同期させてみました。使い勝手はブリーフケースと大差ありません。ただ,複数のフォルダの同期を管理できるのは,とても便利ですね。

試してはいませんが,PCの容量と時間があれば,LifeDriveのHDDやSDのバックアップに使えるかもしれません。

紙とデータを一緒に扱う

PennovateNotes でメモした内容(ビットマップの画像)を,どう紙の情報と一緒に管理するか,というのが私のPalm生活のなかで重要な位置を占めています。

紙の情報と一緒に管理するということで,これまでワードに画像を貼り付けて印刷するという方法をとっていました。DOCファイルなので,ビットマップ以外のところにテキストを書き加えたりできて,これはこれで便利なのですが,なぜかLifeDriveのDocuments to Goで開くと,画像が表示されないという問題があり,LifeDrive上でのデータ管理という点では難がありました。

で,考えたのがPDFにする方法。Open OfficeのWriterにファイルをPDF化するメニューがあったので,これを使おうと。

LifeDriveでPDFを読むフリーソフトには,Adobe ReaderのPalm OS版やPalm PDFというものがあります。どちらも昔,使ってみたことがありますが,なぜか現在は削除しています。とりあえずPalm PDFをインストールしてみました。

ところがこれが,うちのLifeDriveではうまく動かない。PDFファイルを開こうとするとリセットがかかってしまいます。それを見て,昔なぜ削除したのか思い出しました。

次にAdobe Readerをインストールしようと思ったのですが,こちらはPDFファイルをPalm機向けにコンバートして,Hotsyncでインストールする仕様になっています。会社のPCとHotsyncできなくなってしまったうちのLifeDriveでは使えません。

試しに,自宅のPCでインストールしてみましたが,今度はコンバートしたPDFファイルの文字部分が,ただの○○○○……となってしまって,なんにせようまくいきません。

で思い出したのが,RepliGoでPDFファイルを印刷してもOKだったということ。PDFが画像ではなくフォントが埋め込まれたファイルなら,テキストだけを表示することもできるのですが,なぜか漢字の へん と つくり がバラバラになったりする,ユニークな“機能”も備わっています。

結局,以下のような手順で使っています。
1)Pennovate Notesで書いた手書きメモ画像を,LifeDriveからPCにコピー(会社のPCではLifeDrive Managerが使えないので,Windowsの「ブリーフケース」機能を使用)。
2)画像をOpen Office Writerのドキュメントファイルに貼り付け,PDFファイルで保存。
3)PDFファイルは通常どおり印刷して,紙の資料と一緒にファイル。
4)今度はPDFファイルをRepliGoで印刷して,LifeDriveに保存

これで,紙とデータで同じように情報管理をすることが可能となりました。
キーボードと画面がほしい

連休前のこと。お風呂に入りながら考えた。社内資料作りやら何やらで,家で仕事をしないと追い付かなくなってきた。効率が悪いので仕事を持ち帰るのは大嫌いな私だが,それどころではなくなってきた。

私に必要なのはどんな道具だろうか。

最初に考えたのはLifeDrive用外付けキーボード。Documents to Goのおかげで,WordやエクセルのファイルをLifeDriveでも扱えることから,一番現実的&安上がりに思える。

ところが少々難点が。資料作りの最終段階では,書類の体裁を整える必要がある。LifeDriveでワードやエクセルを表示させると画面サイズの問題から,どうしても本来の見た目と違って見えてしまうのが,体裁を整える際に厄介だ。

つまり,キーボードだけでなく,ある程度の広さの画面も必要ということになる。

そうなると,考えられるのはノートPC。しかし軽いのは高いし,安いのは重い。せっかくPalmのおかげで昔よりずいぶん鞄内が軽量化されてきたのに,10年前に戻るのはたまらない。

次に考えられるのは安くて比較的軽いEeePC。Palm Desktopをインストールして,社内資料のストレージデバイスにしているLifeDriveとLifeDrive managerでつなげば,データのシンクロも問題ない。

でも,ほとんどワードやエクセルの入力だけなのに,Windows XPなんてどんくさいOSをぎりぎりのメモリで動かすのはばからしい。画面の小さなノートPCで,ウィンドウの切り替えでもたもたしたんじゃやってられない。

EeePCのLinux版が日本でも出るという話が日経PC 21かなにかの昔の記事にありました。Linux版ならもたもたすることもないでしょうが,Linux版のPalm Desktopがないのは痛い。たぶん今後も出ることはないだろうし。

とか考えているうちに体も洗い終わったので,そろそろ結論を。

なんでPalmはFoleoを出さなかったんだ!