FC2ブログ
つぶやきもつぶ書きもこれ一つ
悔しいのは負けたことよりこっちの話

川崎 vs セパハンの死闘,テレビでしたが見ました。残念でした。あれだけ攻めても点が取れないんだねぇ,今のフロンターレは。

点を取れないと勝てないのはサッカーの大原則ですからね。負けたのは誰のせいでもない,今のフロンターレの実力なんだと思います。

しかし,川淵エンペラーいやキャプテンやら,犬飼専務やら,いいたい放題だこと。フロンターレを応援するものとして,こっちの話のほうが敗戦より悔しい。

ただ,その後の展開を見ていてわかったことがあります。犬飼専務は ACL 敗戦で,ACL 担当の自分に火の粉が振りかかってこないように,必死に予防線を張っていただけのこと。フロンターレにあやをつけて,過密日程など本来の問題をあやふやにしてしまいたかったのですね。

お前は学園ドラマの「ことなかれ主義」教頭先生か!

お前は中小ワンマン企業のしっぽ振り役員か!……って,それはそのものだな。

川淵君の意向どおりの発言か,川淵君の顔色を見て犬飼専務が自分で判断したのかわかりませんが。まじめに J リーグのことを考えての発言でないことは,その後の展開からも見てとれます。あそこまで言っといて「不問」って何よ。

犬飼専務へ。世の風向きが違ったときに,助けてくれないよ,おたくのエンペラーは。

君たちは,そんな安っぽいドラマなんかしてないで,リーグと国際マッチの両立を真剣に考えてくれたまえ。
スポンサーサイト



トラ名物の異音?

先日,車で買い物に行って,駐車場に止めたときの話。

バックで車を止めようとしたところ,車の下から「ガガガ」という大きな音が。下をこするような場所ではありませんし,となりの車にこすっているわけでもない。

これが巷間いわれている,「トラビックのバック時の異音」でしょうか。けっこう大きな音で,驚かされます。

ちなみに,駐車場から出るときも「ガガ」という,入れるときよりは控えめな音がしていました。

本当に何か引きずっていたのかな?

その後,団地の駐車場に止めるときには何も音がしなかったし。
宮前のいなげやで115円

しばらくぶりの「本搾りチューハイ」情報。日曜日にたまたま行った宮前区役所となりのいなげやで,税込み1本115円という値段がついていました。

火曜日に書いても,もう役に立たない情報でしょうが。

なんか,私が疑っているキリンによる「本搾りチューハイ」プレミアム化作戦(=値上げ)は,かなり眉唾もの感が高まってきましたが,今後も価格ビジランス活動は続けていく予定です。

どうせ毎週どこかで買うわけだし,ネタがなくなったときの貴重な話題だし。

普通なら,宮前区に行った用事のほうがブログのネタになるところですけどね。
応急シンク(といいつつシンクロしてない)

Hotsync できなくなったので,ウェブ上の情報やら何やらを LifeDrive に送るための応急処置を考えるはめになりました。

で,とりあえずはテキストだけの情報について。これらはこれまで,ほとんど PalmDesktop のメモにコピー&ペーストして,LifeDrive に Hotsync していました。

(1)PC でテキストをテキストエディタにコピー&ペーストしてテキストファイルを作る
(2)LifeDrive を「Drive Mode」にして PC に接続
(3)テキストファイルを LifeDrive にコピー
(4)LifeDrive の「txtMemo」でテキストファイルを開いて中身をコピー
(5)メモにペーストして適宜加工

あまりいくつもテキストファイルを作るのは面倒な(いちいちファイルに名前をつけてやらないといけない)ので,本来だったら別々のメモにするものもまとめてテキストファイルにしてしまいます。LifeDrive でテキストからメモに移すときに分けてやります。

とまぁ,これでなんとかなるのですが,実に面倒。
それは血液型の問題か

ある日の社内での会話から

(血液型占いを信じる●):◯さんは何型ですか?
(血液型占いを信じていない◯):新型。
(とりあえず突っ込む◎):お前はインフルエンザかよ。
(まるで動じない●):んーと,◯さんは AB で,◎さんは O でしょ。
(◯と◎):何でわかった?
味をマヨかす

昔の日本人はフランス料理のことを,「何食ってもクリームの味しかしねぇ」などとバカにしておりましたが,今は日本の食べ物が「何食ってもマヨネーズの味しかしねぇ」とバカにされるのではないかと,いらぬ心配をしております。

まずいものの味をゴマの風味で隠すところから,「ごまかす」という言葉ができたと聞いております。今なら「マヨかす」といったところでしょうか?
Hotsync のない会社生活

新しくなった会社の PC(ついに XP 搭載)に PalmDesktop がインストールできずに困っています。

正確にいうと,Desktop はインストールできているのですが,Hotsync ができない。

インストールの途中で Hotsync する必要があるのですが,Hotsync ボタンを押しても一瞬 PC に何か表示されるだけで,あとはうんともすんとも。結局 LifeDrive に「コネクションが切れた」とか表示されておしまいです。

Hotsync 機能はなかなか癖があるようで,PalmDesktop のインストールには Administrator 権限が必要なのは了解済み。私もadmin 様なはずなのですが,ぽっと出の admin では何かが足りないのでしょうか。

熟練とか経験とか,深い洞察力とか……。

辛うじて,Desktop はインストールできているので,前の PC からデータを移して利用できるようにはなりました。私はメールアドレスを全部 Desktop で管理していて, Desktop の「e-mail」機能を使用していたので,Desktop も
使えないとしたら,メールを送るのも LifeDrive を見ながらアドレスを手打ちしなければならないところでした。

とはいえやはり不便です。デスクワークで残す必要のあるメモ書きは,今までは Desktop でメモに書き込んで HotSyncで LifeDrive に送っていたのですが,現在のところ LifeDrive にちまちまと書き込む状態。

ウェブ上の気になる情報も Desktop にクリップしたり RepriGo に「印刷」したりして,後で LifeDrive で読む習慣があったのですが,それも中断。

仕事と関係のあるサイト・ブログは Piloweb Pro で巡回していたのですが,それもできなくなりました(PC 上なら見られますが)。

Hotsync 機能は私の会社員としての生活にとても密接な関係となっていたのでした。
どんだけ~と思ったら割と単純に直った話

LifeDrive Manager で,LifeDrive の HDD が勝手に PC の C ドライブとシンクロするようになった件の解決編です。

この連休を利用して LifeDrive Manager をチェックしたところ,自宅の PC とシンクロさせているフォルダが,本来は iTunes のフォルダとシンクロさせる設定だったはずが,なぜか C ドライブの「ルート」とシンクロすることになっていました。LifeDrive Manager でシンクロさせているLifeDrive内フォルダのプロパティでシンクロ先を見たら,「¥」とだけ表示されておりました。

シンクロ先を本来の PC のフォルダに変更しようと思いましたが,「もうそのフォルダはシンクロの対象になっている」というメッセージが出てうまくいきません。

そこで,いったんその LifeDrive 内のフォルダをシンクロ対象から解除して,再度シンクロ対象にチェックしてやると,そのときに正しいシンクロ対象を指定することができました。

で,こわごわ Hotsync してみると,なんか元どおりに戻ったようです。

とりあえず直ってよかった。
今頃になって無償修理という S1 IS

我が家のデジカメはキャノンの「PowerShot S1 IS」という機種。今となっては貴重な,CF が使えて動画も撮れる光学10倍デジカメという素晴らしい逸品です(私比)。とくに CF が使えるデジカメが一眼以外になくなりつつある今,つい先日 4GB の CF を買ってしまった私にとって,このデジカメの故障はあってはならないこと。

なんですが,なんかおかしくなってしまったのです。撮影しようとすると,ときどきザザっとノイズが画面に走るのです。最初は液晶画面の問題かと思っていましたが,写した画像にもノイズが走っているところを見ると,液晶の問題ではなさそう。

で,何か情報はないかと「価格コム」を見たら,キャノン製デジカメでCCD 関連の不具合が多発していて,われらが PowerShot S1 IS も昨年の暮に修理の対象になったことを知りました。

いやー凄い。もうどこにも売っていない製品の口コミ情報がまだ更新され続けているなんて。「価格コム」もたいしたもんだ。

この情報は,キャノンの HP にちゃらっと書いてある以外では,価格コムの口コミぐらいしか事情がわからない。なんたって4年前の製品ですからね。そんなことになっているなんて想像もつかないですよね。

キャノンの窓口に電話をしてみたら,「CCD の可能性がありそうですね」とのことで,交換修理に出すことになりました。2週間ほどかかるそうですが,無事直って帰ってくることを祈っています。

これが,原因は CCD じゃないとかいうことになって,有償修理やら「打つ手なし」なんてことにでもなったらどうしよ。ノートパソコンの購入で精一杯よ,我が家の家計は。
admin 様だぞ,といばってしまうほどパソコンに無知

こちらも瀕死状態だった会社のパソコンは,今日取り替え。これで起動から HDD フル回転状態が10分以上続く事態は解消される見込みです。なんたってメールソフトを起動させることができるのは15分くらい後というありさまでしたからね。出社してパソコンのスイッチを入れて,カップを洗ってコーヒー入れて飲み終わって,まだ何か起動中。

会社のシステム管理の方からは「あなたはいろいろ入れるだろうから admin 権限にしてあるよ」というありがたいお言葉。よかった,PalmDesktop のインストールもできるんだ!

「その代わり,何かあっても自己責任だからね」って,前のパソコンみたいに朝起動したらログインできなくなっていたときは,いったいどうすればいいのでしょうか?

admin といっても自分のパソコンだけのことで,サーバーなんかへのアクセス制限は効いているようですから,何かしでかす心配はなさそうなのが救いです(プリンタのドライバーを探すのもこわごわな admin)。
ノートパソコンの買い替え
我が家のノートパソコンが瀕死の状態になっています。15分ほど使っているだけで過熱してシャットダウンするようになりました。

少し前から DVD-ROM ドライブが動かなくなっていたのですが,気づいたら排熱用のファンも回らなくなっていたようです。

内蔵の無線 LAN が動かなかったのは買ったときからだし(展示品を買ってしばらく無線 LAN を使わないでいたうちに保証期限切れになっちゃったのですが)。

SOTEC の WA2160CL という型の製品で,買って3年ほどでしょうか。その前に買った Gateway のパソコンは 7年以上になりますがまだ元気。この差は何だ,って Gateway のは SOTEC の3倍くらい高かったのですけどね。

SOTEC のは修理せずに,別のノートパソコンを買うつもりです。心情的には富士通(フロンターレの母体)なのですが,財政的には DELL(本社が川崎)ですね。

通販の送料がもったいないので,新宿のビックカメラにあるお店を覗いてみたのですが,先客がいたので違う売場をうろうろしているうちに,店員が応対してくれる時間を過ぎてしまっていました。

で,飾ってある商品を見てみると,どうも通販で売っていた希望の型がないようす。旧型だったようです。新型はカラフルでいいのですが,どうせうちで使うだけだしな。

結局,通販で買う予定です。さて,SOTEC より長持ちしてくれるでしょうか?
大水

台風が通りすぎて,7日朝の京王線は通常運行。ただし,多摩川を渡るところは普段より速度控え目。

TV で,調布にある多摩川の水位観測所で「警戒水位を超えて氾濫のおそれがある」といっていたので,不謹慎ながら多摩川を渡るときには興味津々でした。ちなみに水位観測所は京王線の鉄橋から遠くないところにあるようです。

私が橋を渡った8時半過ぎは,土手のてっぺんから水面まで1m ちょっとくらいだったでしょうか。稲田提の川原にある飲み食いのできる小屋は,ようやく屋根が水面より上に出ているようす。久し振りに「大水」といった感じでした。

この小屋,昔は水が出そうなときは,たたんでどこかに引き上げていたのですが,“耐濁流性”を高めたのでしょうか,今はけなげに水につかって耐えております。

昼過ぎに外出して,今度は聖蹟桜ヶ丘の手前で多摩川を渡ったのですが,川原が半分見えるくらいまで水位が下がっていました。でもすごい勢いで濁流が流れる様は,もう多摩川じゃなかったですね。

ニュースによると,多摩川の増水の様子を見にいった方が行方不明とのこと。昔,多摩川の土手が決壊した台風のときに,うちの父が自転車で様子を見にいって家族全員から顰蹙をかったことを思い出しました。皆さん,危ないことはやめましょうね。

「こんくらいまで水が来とったで」と家族に報告しても,喜んでもらえませんから。
希薄感

iPod は私の「好奇圏」の外にあるので,新製品もあまり気にならないですね。

日本で使えないスマートフォンも同様。

ついでにいえば,日本で売っているスマートフォンもノキアの E61 を除いて好奇圏外。E61 は PalmDesktop とシンクロできるなら,かなりぐらぐらきそうな存在です。

しかし,早く Palm OS(か ALP)搭載で,日本で使えるスマートフォンが出てこないですかね。

私の好奇圏のうち,モバイルの分野はかなり希薄になってきました。
Sync All Now の後

PC の C ドライブと LifeDrive がシンクロするようになった件の続報。

このままでは困るので,とりあえず,Hotsync 時に LifeDrive Manager が起動しないようにし,自動的にデータをシンクロしないようにします。毎朝シンクロさせていたポッドキャストのデータは,手動で(?)LifeDrive Manager を起動させて,PC からコピー&ペーストさせました。

Hotsync 一発でデータを更新させることがいかに便利なことか,改めて思い知らされました。

ところで,ポッドキャストのコピー&ペーストの際に,私は面倒なのでフォルダごと上書きするつもりでコピー&ペーストしたのですが,LifeDrive Manager 君はまめな性格のようで,中の MP3 ファイルだけ LifeDrive 内のフォルダにコピーしてくれました。

そんな気がきくなら,シンクロの問題をなんとかしてくれ。
Sync All Now ってどんだけ~(その2)

単に C ドライブの中身が LifeDrive のマイクロドライブ(以下 LifeDrive と略。めんどくさいので)にコピーされたのなら削除すればいいだけなのですが,シンクロされているから始末に負えません。

シンクロの設定で「LifeDriveから削除したデータを PC からも削除する」にしなければ,LifeDrive上のデータを削除しても,次のHotsync 時にまたコピーされてしまいます。かといって,「LifeDriveから削除したデータを PC からも削除する」に設定してしまうと,LifeDriveから削除した「Windows」フォルダや「Program Files」フォルダが次の HotSync時に PC からも削除されることになります。

悪夢的なジレンマです。

「LifeDrive から削除したデータは放っておく」という設定か,せめて「今後はシンクロの対象にしない」という設定ができればいいのですが,LifeDrive上の「Windows」,「Program Files」フォルダには,普段シンクロ対象としているフォルダと違って,LifeDrive Manager で見たときにシンクロのマークみたいなのがついていないのですよね。つまり「シンクロの対象としない」以前に,シンクロの対象となっていない。なのにシンクロしてしまう。

どうなっているのでしょう?
Foleo がボツ どうするホーキンズ!

5日付日経新聞ウェブ版(http://it.nikkei.co.jp/pc/news/index.aspx?n=AS2M05016%2005092007)より。

『米パーム、簡易型パソコン事業中止・携帯電話に集中

 【シリコンバレー=村山恵一】米携帯情報端末(PDA)大手のパームは4日、今年夏に米国で発売するとしていた簡易型パソコン「フォリオ」の事業を中止することを明らかにした。主力製品である高機能携帯電話(スマートフォン)に経営資源を集中するためという。撤退に伴う損失として1000万ドル(約11億6000万円)以下の費用を計上する。
 エド・コリガン最高経営責任者(CEO)が自社のブログのなかで表明した。』

ホーキンズ君はまた独立でしょうか?
なんにせよ,パーム社内に大きな溝があるのが明らかになってしまいました。

コリガン氏のコメントは,やめる理由としてはかなり弱いですよね。本当にそれだけか? 何か他の理由を隠しているんじゃないか? と邪推の余地を与えて余りあります。

これは想像ですが,将来的に OS に Numenta を採用したいと考えたホーキンズ君のアイデアが取締役会で否決されて,ホーキンズ君が怒って「Foleo もやめちゃる」と啖呵を切ってしまったとか。

パソコンの対抗馬登場を嫌がるマイクロソフトから Windows Mobie の供給中止とかいった圧力がかかったとか。

考えやすいのは,Linux に何かややこしい権利的な問題がぶらさがっていて,解決に巨費がかかる見通しになったとか。

この段階での開発中止というのは,会社の信用にも少なからず影響してくることでしょうし,しばらくゴシップ好きの私たちにおいしいネタを提供し続けることにもなるでしょう。

Foleo の行方にも Palm の行方にも,ホーキンズ君の行方も注目です。
壊れたうちの無線LANアダプタは回収対象だった,の巻

先日,HDD がおしゃかになった我が家の 東芝 RD-XS 46 ですが,
HDD 交換で復帰したのを機に,無線LANも復活させることにしました。

うちの RD-XS 46 は無線 LAN に接続してあったのですが,その無線 LANアダプタもだいぶ前に故障してしまっていました。無線 LAN経由で PC に送って MPEG4 化していた「ファイト!川崎フロンターレ」が3月の分までしかなかったので,たぶんこの頃に壊れたのでしょう。

で,インターネットでいろんな製品の情報を見ていて,びっくりしました。壊れた無線LANアダプタが回収・交換の対象になっている。

去年には製造が終了していた NEC の WL-54TE という製品なのですが,今年の7月に回収のお知らせがホームページに掲載されていました。うちのが壊れてから3カ月ほど後ですね。

故障したときにインターネットでいろいろ調べていて,うちのと同じ症状で故障した人がウェブ上に情報を掲載しておられたのを見ました。それを見て,「こんな製品を作った NEC に送りつけてやる!」と意気込み,無線LANアダプタを捨てずに箱詰めしておりました(それきり忘れていたけど)。

きっと,ウェブ上に情報がなければ,壊れた無線LANアダプタを捨てずに置いておくことはなかったでしょう。回収の情報を指をくわえて見るはめになっていたはずです。

これも,ウェブに情報を掲載してくれた方のおかげですね。私も人の役に立つようなブログを目指さねば(って,この決意もそれきり忘れてしまわないだろうな)。
Sync All Nowってどんだけ~

LifeDrive Manager が不調で,うまくシンクロしなくなっておりました。

で,PC の LifeDrive Manager を起動して,どうしたものかと思案しているうちに,「Sync All Now」というボタンがあるのに気づきました。" all " というのは,シンクロさせるマークのついたフォルダ全部,という意味だろうと思い,ボタンを押してみることにしました。

そしたらたいへん。シンクロがいつまでたって待っても終わりません。ただ,何時間か放っておいたら終了していたので,エラーではなかったようです。

翌朝,ポッドキャストなどを落してLifeDriveに転送するため Hotsync を始めたところ,LifeDrive Manager のところでまた延々とシンクロが始まってしまいました。そのままでは出社できないので途中でキャンセルするはめに。

会社から戻って,なんでシンクロに時間がかかるのか調べようと,PC の LifeDrive Manager を起動して,LifeDrive のマイクロドライブの中身を見てびっくりしました。

「Windows」フォルダがある……。それだけじゃなくて,「Program Files」フォルダまで。そのほか,PC の C ドライブ上にあるいろんなファイルも LifeDrive の中にコピーされているではないですか!

そりゃ時間もかかるわ。

これらのフォルダが LifeDrive に「Create」された時刻を見ると,どうも「Sync All Now」をした頃のようです。

PC の C ドライブを見てみたら,やはり LifeDrive のマイクロドライブ内にあるフォルダやファイルが全部コピーされている。

なんで LifeDrive と PC の C ドライブがシンクロされてしまうんじゃあ。